歴史ブログ「ひふみのしくみ」の総集編

 

◆第一回ひふみのしくみ勉強会(2020年2月23日開催)

「縄文の叡智を蘇らせ和合を結ぶ」その1

 

【テーマ】

文明の転換から文明の転換へ。 直観―実践行動―体験から導き出された神々による人類史の集大成・第一回目。(1時間52分44秒)

 

【概要】

2020年から始まった新型コロナウイルスによりどん詰まりに陥ってしまった国家、社会、家庭、個人。今までのシステムではどうにもならないことが明白となりました。これからはますます既存の方法論では通用しなくなっていきます。今までは人間主導(体主霊従)でしたが、これからは神主導(霊主体従)でなければ現状を突破することができません。「ひふみのしくみ勉強会」では人類が生みだした不調和を調和へと転換するために必要な具体的方法を、映像+音声+文字+時空間を超えた領域まるごと参加型のライブ形式でお伝えしています。第一回は全体を総括する非常に重要な内容を凝縮しております。

 

【具体的内容】

・人類が忘れてしまった叡智を取り戻すためにはどうすればよいか

・神と同調するためにはどうすればよいか

・合氣道を通しての実践法と宇宙観とは

・個人レベルの不調和を調和させるためにはどうすればよいか

・パートナーと調和するためにはどうすればよいか

・家族が調和するためにはどうすればよいか

・次世代の日本を建て直すために不可欠な、個人・夫婦・家庭の様々な不調和を調和に戻すために必要ないのちの法則をお伝えしています

 

【ブログより案内文】

長きに渡り、日本人が無知無明のまま洗脳されてきたのは、日本人の親である最も古い神々を封じられてきたからです。その理由は日本人の血の中に最も古い神々の遺伝子が埋め込まれているからです。その遺伝子を目覚めさせないよう幾重にも仕掛けられてきたのです。宇宙の計画により、大調和と不調和の両極の文明を体験することが日本人に与えられた課題でした。なぜなら両極を和合することができるのは、日本人に与えられたスキルだからです。そのためには相対する極性を排除しないことが大前提です。

 

 

 

◆第二回ひふみのしくみ勉強会(2020年5月3日開催)

「縄文の叡智を蘇らせ和合を結ぶ」その2

 

【テーマ】

日本の歴史は表の歴史と裏の歴史があります。直観―実践行動―体験から導き出された神々による人類史の集大成・第二回目。(1時間50分33秒)

 

【概要】

「正統なる歴史書」によると、日本は神武天皇が即位したことによりはじまりました。神国日本は天皇を戴いて国家を運営してまいりましたが、国家統一を果たした日本の現状は不調和の極みにあります。かつて世界を大調和に導いた神々は神武天皇よりも前に日ノ本をおさめていました。この神々はかつて日ノ本を拠点に大調和の世界を創造していたのです。

 

【具体的内容】

・文明と文明の転換は神武東征

・艮金神(国之常立命)による「日月神示」が伝える五度の岩戸閉めとは

・大化改新以前の古墳時代の歴史を土地の情報から読み解く

・聖徳太子の側近・秦河勝は裏の歴史に携わっていた

・秦氏が守りたかった神々の教えとは

・古墳時代は太陽信仰だった

・縄文時代の神々と古墳の関係とは

・国家の基礎となる神話はなぜ書かれたのか

・なぜ五度の岩戸閉めが神話に書かれたのか

・日本の歴史学が隠したい縄文時代の神々

・二元性を逆さまにしてしまったことがこの世の不調和のはじまり

・立場と順序をはき違えた結果が不調和の原因

・不調和を調和に転じるためにはどうすればよいか

・人間選別に振り落とされないためにはどうすればよいか

・神主導の世では法則に基づいた思考と行動が必要。その方法とは

・素戔嗚命を根の国に葬ったことが日本人の悲劇のはじまりだった

・新型コロナウイルスの疫病退散は素戔嗚命の復活が鍵

・日本魂を真に目覚めさせるためには

 

 

 

◆第三回ひふみのしくみ勉強会(2020年6月26日開催)

「縄文の叡智を蘇らせ和合を結ぶ」その3

 

【テーマ】

大陸由来の文明のオリジナルは縄文です。直観―実践行動―体験から導き出された神々による人類史の集大成・第三回目。(1時間51分38秒)

 

【概要】

古墳時代中期に渡来して来た一族が守り伝えたかったこと、神々の計画はすべて今のためにあります。2020年のタイミングで世界中に新型コロナウイルスが蔓延した理由や対処法も縄文の叡智を蘇らせればわかるようになっているのです。

 

【具体的内容】

・謎の氏族・秦氏に焦点を当て、彼らのルーツをたどっていく

・京都には秦氏の拠点・太秦にも前方後円墳がつくられた

・嵯峨野太秦古墳群には秦氏が奉じる古い神々が祀られていた

・秦氏は大陸から造酒、染色、機織、管弦楽、舞、土木等の高度な技術を持ち込んだ

・秦氏の氏神はお酒の神様

・お酒は土器の発明・貯蔵による縄文の発酵テクノロジー

・秦氏の始祖は秦の始皇帝。中国神話の三皇五帝を読み解く

・秦氏が持ち込んだ中国最古の医学書は『黄帝内経』

・『黄帝内経』から叡智を読み解く

・秦氏は前方後円墳とともに寺社仏閣を創建した

・世界一古い神国日本では天皇の裏方が歴代重大な役目を担ってきた

・秦氏が奉じた神は宇宙の法則の神である造化三神

・聖徳太子の「和を以って貴しと為す」は夫婦の和合、家族の和合が大前提

・縄文の叡智は生命の継承。そのしくみとは

・秦河勝が信奉した聖徳太子とは誰なのか

・「天の岩戸開き神話」に隠された意図とその真相とは

 

【特典】

「黄帝は新型コロナウイルスの治療法を知っていた!」を追加。

 

 

 

◆第四回ひふみのしくみ勉強会(2020年7月26日開催)

「縄文の叡智を蘇らせメビウスの輪を超えてゆく」その1

 

【テーマ】

神武東征は壮大な宇宙の計画により実行されました。直観―実践行動―体験から導き出された神々による人類史の集大成・第四回目。(1時間50分46秒)

 

【概要】

古墳時代中期に渡来して来た秦氏が住みついた北河内は、巨石や滝が点在しており、饒速日命の御神体があります。巨石や自然崇拝は縄文の祭祀形態です。渡来人である彼らは縄文の叡智をたずさえて、諸外国の文明発祥地に移動してきました。彼らが守り伝えたのは太陽信仰でした。その教えとは、生命誕生・創造の原理です。

 

【具体的内容】

・古墳と飛鳥の石造物は「謎」に包まれている

・饒速日命降臨の地は文明発祥地だった

・七夕伝説と老子を祀る星田妙見宮は彗星落下地点だった

・秦氏が拠点にした土地は役行者ゆかりの地

・長髄彦の本拠地は縄文早期遺跡だった

・土地の伝承から神々の記憶を取り戻す

・縄文の女神を封印から解除するミッション

・考古学的裏付けから縄文のテクノロジーを読み解く

・馬は秦氏が命がけで持ち込んだ

・長髄彦の名に隠された生命のしくみと天の川銀河のシステム

・縄文の女神と太陽の女神の拠点は同じ土地だった

・神武東征は地形と考古学的に合致する

・不動明王の教えは忍耐と忠誠心

・対極の夫婦神は表裏一体だった

・神話にプログラムされた呪詛を解く

・天の川は大調和と不調和の両極のはじまり

・大調和を反転させたエネルギーは嫉妬心

・先祖代々継承してきた万世一系の本質とは

 

 

 

◆第五回ひふみのしくみ勉強会(2020年9月27日開催)

「縄文の叡智を蘇らせメビウスの輪を超えてゆく」その2

 

【テーマ】

新たなる文明は神武東征の逆バージョン。直観―実践行動―体験から導き出された神々による人類史の集大成・第五回目。(1時間51分04秒)

 

【概要】

第五回は第四回ではお伝えできなかった高次領域からのミッションを4つのテーマにして具体的にお伝えします。縄文人は現代人よりもはるかに高度な完全循環型社会を構築し、何千年も先を見通す千里眼を持っていました。彼らは銀河の回転周期により、闇のサイクルでもたらされる物質文明によって、人類の霊性を退化させてしまうことも知っていました。彼らが人類に伝えたメッセージは、神の依代を破壊した形態=警告でした。第五回では引き続き教科書や文献から考察し推理推測するのではなく、直観―実践行動―体験により導き出された未来からのメッセージを明確にしてまいります。

 

【具体的内容】

・ミッションその1

神武東征古戦場の因縁を解消せよ!~体験から記憶を取り戻す~

 

・ミッションその2

縄文の先祖のメッセージを明らかにせよ!~明晰夢から情報を受け取る~

 

・ミッションその3

封じられた神々のメッセージを解読せよ!~直観を使いこなす~

 

・ミッションその4

神武東征に隠された銀河の計画を解明せよ!~自分の意識を統合させる~

 

【特典】

「旧生駒トンネル」と『鬼滅の刃』の偶然の一致と第六回の展開について

・封印解除、因縁解消により現象化した事象の報告

・第六回に向けての取り組みは高次領域の大転換と同期していた

 

ひふみのしくみブログ

【DVD】神武東征から天の川文明へ(第一回~第五回)DVD版

¥20,000価格
消費税込み |
  • 【購入前の注意事項】

    1. このDVDはデータファイルですのでパソコンでご視聴ください。DVDプレーヤーでは視聴できません。
    2. 個人用としてご視聴ください。
    3. ディスクまたはファイルのコピーおよび転売、転用を禁じます。
    4. 人物のプライバシーの侵害、それに類似する行為を禁じます。
    5. 送料は無料です。
    6. 返品不可商品です。
  • 【DVDは各回ごとに購入できます】

    DVDを一回ごとに購入できます。一回につき4,000円です。お申込みはこちらから。神武東征から天の川文明へ 各回 DVD購入お申込みフォーム

  • 【YouTube版も購入できます】

    DVDと同じ内容をYouTubeで視聴することができます。(限定配信)YouTubeのURLと資料(PDF)をメールにて配信します。配信料は一回あたり3,000円です。お申込みはこちらへ。神武東征から天の川文明へ ひふみのしくみ勉強会YouTube希望フォーム

  • 【視聴覚に障がいのある方へ】

    このDVDは主催者の音声に画像・動画を挿入して構成しています。DVDは字幕付きではありません。そのため視聴覚に障がいのある方には一枚あたり3,000円にてご提供させていただきます。該当する方はお申し込みフォームの自由記入欄にその旨をご記入ください。