​​パッケージ変更して5%増量、販売価格は据え置きです。
 

​茶カテキンを配合してさらに進化

0_edited.jpg

 口内を浄化し

​ ツルツルの白い歯に

和のはみがき

古代から伝わる藻塩(瀬戸内海産)
口内を浄化する麻炭
虫歯を防ぐ白土
口臭を防ぐ熊笹
緑茶_edited_edited_edited_edited_edited.png
 
BG (2).jpg

海藻エキス豊富でまろやかな口当たりの

 藻塩 をベースに、

口中を浄化する  をプラス

「土の王様」と呼ばれる 白土 

有機珪素を多く含む 熊笹 を加え、

さらに緑茶の主成分であり

口臭を防ぐ 茶カテキン 

ブレンドした粉はみがきです。

すみずみ磨け「新・はみがき粉」

アセット 5@3x.png

日本古来の自然素材に

​東洋医学の観点をプラス

アセット 5@3x.png

藻塩と麻炭生まれの粉ハミガキ すみわたるきれい
内容量20
g 約200回分 2,420円(税込価格)

──  NEWS ──

2021.04.01

豊能町公認トヨノノレポーターが本プロジェクトを取材しました。記事はこちらの「トヨノノPORTAL」よりご覧ください。

2021.06.06

2021年4月5日から6月4日までの60日間。多くのみなさまからのあたたかいご支援に心より感謝申し上げます。

 
アセット 5@3x.png

日本古来の自然素材に

​東洋医学の観点をプラス

アセット 5@3x.png

About

東洋医学では「氣・血・津液」が人体を満たすと考えます。

よだれのよく出る子は虫歯にならないように、唾液は「津液」に相当し、自浄作用があります。唾液は消化酵素を含んでいるため、豊富に分泌すれば口腔のみならず腸管のはたらきも活発になります。すみわたるきれいは10年間にわたる研究開発のもと、人体の生理的作用と日本古来の素材の特性を生かして誕生しました。

穏やかな海

1000年以上の歴史を誇る日本の歯磨き粉

日本の歯磨きの歴史は古く、日本最古といわれる医学書『醫心方』(丹波康頼撰・984年)の中に「朝夕歯を磨くことや食後にうがいを数回行うこと」の記録があり、歯みがき粉としておもに塩が使われていました。江戸時代には房州産の特殊な陶土を原料としていました。文化文政期にはおよそ100種類もの歯磨き粉があったといわれるほど日本の歯磨き粉は需要が高かったのですが、戦後アメリカが開発した練り歯磨きに置き換わっていき、日本の歯磨き粉は姿を消していきました。すみわたるきれいは日本古来の歯磨き粉をよみがえらせ、健康・育児・介護・災害に対応した次世代型の歯磨き粉です。

艶姿十六女仙 勇斎国芳.jpg
歯磨き 国周画【東京三十六会席 柳橋 しち 大代地 巴屋】.jpg
朝桜楼国芳「東海道五十三対 石部」 国立国会図書館デジタルコレクション.jpg

勇斎国芳『艶姿十六女仙』

朝桜楼国芳『東海道五十三対 石部』

 豊原国周『東京三十六会席 柳橋しち』

藻塩のまろやかな味わいがお口にやさしい

藻塩は縄文時代と古墳時代にホンダワラという海藻と製塩土器を用いて作られていました。海水に浸したホンダワラを何度も乾燥させ、塩分濃度を高めたかん水を土器で煮詰めて塩を作っていたのです。藻塩の尖りのまろやかな味わいはホンダワラの凝縮したうまみ成分によるものです。すみわたるきれいは厳選した瀬戸内海産の藻塩を微粉末にして配合しました。

IMG_6260.jpg
切り抜き_edited_edited_edited.jpg

​四條畷市出土 製塩土器(古墳時代)

​すみわたるきれい

においと汚れを落して白い歯に

麻は縄文時代より世界各地の文化において神聖視されてきた植物で、日本では戦後まで衣食住全般や神事に使われてきました。すみわたるきれいの麻炭は麻の茎を酵母菌・乳酸菌などの有用微生物を用いて高温焼成したものです。有害物質・毒素・放射性物質・においを吸着し、口中のすみずみまで汚れを落とします。

imgfade627fzik9zj.jpg

殺菌しないで悪玉菌を除去します

白土は古来より「土の王様」と呼ばれ、医療目的で使われてきました。白土のコロイド粒子はマイナスに帯電しており、ここに多種の有用ミネラルがついています。白土のコロイド粒子に帯電した有用ミネラルは、口腔内の悪玉菌や不純物と接触すると瞬時に交換し、吸着・除去します。すみわたるきれいは殺菌成分を含まず、イオン交換作用によって口腔内の善玉菌を守り、口腔内環境を改善します。

スライド215.JPG

How to use

歯磨きは食後15分たってから

唾液は食後しばらくたってから下顎腺より分泌されます。唾液が十分に出てから歯を磨くのが効率的です。歯磨きは食後15分以上たってからがおすすめです。

【すみわたるきれいの使い方】

湿らせたハブラシにすみわたるきれいを適量を付け、唾液になじませて磨くのがコツです。一日の終わりの歯磨き後に、歯間ブラシで仕上げるとさらにスッキリします。

IMG_0591_edited_edited_edited.jpg
切り抜き_edited.png

For gifts

​大切な方へのプレゼントに

歯磨き粉は江戸土産(みやげ)とされるほどの名物でした。『嬉遊笑覧』では「歯磨き粉は江戸に優るものはない」と記されており、歯みがき粉がおみやげの定番のひとつだったのです。すみわたるきれいを贈答品、プレゼントにぜひご利用ください。お客様からは大変喜ばれたとのお声を多数いただいております。(プレゼント用に簡易包装を承ります)

IMG_0589_edited.jpg

藻塩

縄文&古墳時代の製法で作られた塩です。海藻のうま味が凝縮した、まろやかな口あたりが特徴です。

くま笹エキス

有機珪素を多く含むイネ科の植物。ミネラルを多く含みます。

​緑茶エキス

​茶カテキン・ポリフェノールを豊富に含みます。口臭を予防します。

麻炭

麻炭の多孔質性は備長炭のおよそ4倍。有害物質や毒素を吸着します。

重曹

弱アルカリ性です。口臭予防、歯垢や歯の汚れ、ヤニをきれいに落とします。

白土

モンモリロナイト「土の王様」の別名があります。バイオフィルムをはがし虫歯と歯石を予防します。

ヒドロキシアパタイト

歯(エナメル質)と同じ成分です。歯を白くします。

特徴

粉末状の粉ハミガキです。合成界面活性剤・防腐剤・発泡剤・フッ素・香料不使用。

すすぎは1、2回でスッキリ。ミネラルリンス作用でマウスウォッシュ剤が不要です。

介護・災害時など、すすぎができなくても不快感が残りません。

使い方

湿らせたハブラシに適量をつけ、下の奥歯から磨いてください。

唾液となじませて歯を磨くのがコツです。

​成分

海塩(基剤)、炭酸Ca(清掃剤)、シリカ(清掃助剤)、炭酸水素Na(清掃助剤)、炭(清掃助剤)、チャ葉エキス(清掃助剤)、褐藻エキス(保湿剤)、クマザサ葉エキス(保湿剤)、ベントベントナイト(増粘剤)、ヒドロキシアパタイト(清掃助剤)、エタノール(保湿剤)、水

 
bg.png
ダイヤ@3x.png

01

すみわたるきれいはネットで買えます。

ネット販売ではクレジット決済がご利用いただけます。店頭販売もしております。

── 店頭で購入 ──

まつお鍼灸整骨院(ひふみ社中)

大阪府豊能郡豊能町光風台3-20-11

※向かいにデイリーカナートさんがあります

電話 072-733-3335

──  ネットで購入 ──

クレジット決済や配送に対応したネット販売がご利用いただけます。

ダイヤ@3x.png

02

販売店•バイヤーさんを募集しています

「すみわたるきれい」をお店へ置いてくださる販売店、またはバイヤーさんを募集しております。
お問合せフォームにてご連絡ください。

お問い合わせフォーム

送信ありがとうございました。こちらから返信させていただきます。

​(土日祝は対応できません)

ひふみ社中

大阪府豊能郡豊能町光風台3-20-11

電話 072-733-3335

hifumi@3x.png